ホームの中の入浴美容・健康まめ知識

入浴美容・健康まめ知識

入浴とひと口にいっても、そのスタイルはさまざま。温度、時間、方法を変えれば効果も変わってくるので、

それぞれの関係をしっかりおさえた入浴を実践し、こころとからだを上手にメンテナンスしましょう。

入浴法まめ知識 vol.91

今年もいよいよ残りわずかとなってまいりました。
寒い日が続く中、年末に向け慌ただしいシーズンを迎えます。
そんな時は入浴で、冷えと疲れを和らげましょう。

 

yuzuyu.jpg

 

冬におすすめの入浴法

寒い時期には、保温効果の高いお風呂でポカポカに温まりましょう。
「ゆず」「しょうが」「日本酒」を使用した入浴は血行促進や疲労回復効果があります。
また、体を芯から温め、保温効果が持続します。

<冬の定番ゆず湯>

みかん4~ゆず湯の主な効能は、美白効果・風邪の予防・冷え性の改善・リラックス作用など。
また冬至にゆず湯に入ると、1年中風邪をひかないという言い伝えがあります。
‐作り方‐
水で洗ったゆず5~6個を、そのまま浴槽に入れ浮かべましょう。
ゆずに、切り込みを入れたり、半分や輪切りにするとより香りや成分が染み出ます。
輪切りにした場合は、種が落ちないよう袋に入れましょう。

<しょうが湯で温泉気分>

しょうが湯の主な効能は、発汗作用・肩こりの解消・新陳代謝の促進・殺菌作用など。
湯上りはさっぱり気持ちよく、発汗作用と血行促進効果で体を温めます。
‐作り方‐
生のしょうが1~2片を皮ごとすりおろすか、包丁で細かく刻みましょう。
布袋にしょうがを入れて浴槽へ浮かべます。

<美容効果豊富の日本酒風呂>

日本酒風呂の主な効能は、湯冷め防止・肌荒れの改善・デトックス効果・乾燥肌の予防など。
保湿、保温効果に優れ、美肌効果が高いと言われています。
‐作り方‐
日本酒を浴槽にコップ1~2杯程度入れ、よくかき混ぜましょう。
あまり高温ではない温度設定にし、入浴後はシャワーで体を洗い流しましょう。

Posted by fuu at December 1, 2016 5:17 PM | Category : 入浴美容・健康まめ知識

ページトップへ